病院奨学金で夢を実現【長い目で見て善し悪しを判断】

経済的不安なく学習できる

生徒

返還不要なケースもある

医学部や看護学科は、一般的に他の学部に比べて学費が高い傾向にあります。医学部については卒業まで6年かかり、様々な研修があるため、より高額な学費となってしまいます。医者や看護師になりたいと思う方が誰でも学ぶことができるように、病院奨学金という制度があります。病院奨学金は、病院が独自に学費を支援する奨学金制度です。日本学生支援機構や各大学の奨学金とは違い、学校を卒業した後に支援を受けた病院で一定期間働けば返済が免除されます。指定勤務期間は、多くの病院で3〜5年となっています。指定の期間の勤務が終われば、返還義務はなくなります。大学だけではなく、看護専門学校にも病院奨学金が適用される場合があります。病院奨学金を希望する場合は、病院に問い合わせてみると良いです。また、病院奨学金の中には既卒者や既婚者にも対応しているものがあります。近年、子育てが落ち着いてから看護学校に入学する既婚者の方が増えています。子育ての経験や主婦として毎日の生活を支えてきた経験は医療の場で大きな力となります。病院奨学金を利用すれば、お子さんがいる家庭も負担を減らし医療の道を目指すことが可能となります。年齢制限を設けている病院もあるので、事前に情報を収集しておくと良いでしょう。大学進学や専門学校入学には大きなお金がかかります。病院奨学金を利用すれば、経済的な不安に悩むことなく、安心して夢に向かって学習をすることができるのです。

Copyright© 2018 病院奨学金で夢を実現【長い目で見て善し悪しを判断】 All Rights Reserved.